病気にならない体をつくる

 ●自己紹介=病気になる食生活 

 

   病気しらずだ。ずっと健康だった。でも考えてみれば最悪の生活習慣だった。

19歳の頃盲腸になり、仕事中に急に入院。。1週間ほど入院した。。今の盲腸は1周間もかからないだろうが。。そのころは盲腸と言えば一週間だった。
 30歳の頃、仕事で重いものを持ち、腰がヘルニアになり3日程休む。
20年ほど前に尿管結石になった。一泊緊急入院。
風邪でも病院へ行かないし、血圧も気にしない。好きなものを食べてビールも飲む。
脂っこいものが好きで運動はしなかったから45歳くらいからハイキングを始めた。今は年に一二度。
普段の食事は朝は喫茶店、お昼はうどん屋さんや蕎麦屋さんでどんぶり等の定食。夜はビールを1~2本飲んで
満腹になるまで食べて、寝転がってお菓子も食べる。体重は165センチのチビで73kgの体重。体脂肪は30%越えている。
しかし、気にしない。
とにかくお腹減ったら夜は眠れない。満腹にならないと眠れない。
病気にならないほうがおかしい。
病院へ行かないから健康保険料ももったいない。がんにもならないから生命保険ももったいないと思っている。

 タバコもよく吸っていた。ヘビースモーカーというよりチェーンスモーカー。一日2箱半。50本。

 二年前(66歳のとき)に病院にお世話になり健康に目覚めた。

line