病気にならない体をつくる

 医師のひとりごと 

 

  大病院で15年ほど働いて開業したので借金もあるんです。。借金もある。このクリニック作るのに1億円以上かかったんですよ。

 近所の人からは人気があると思っている。新しい患者が来たらなるべく治ってほしくない。風邪でも一回で治せるが2回くらい通院して欲しい。

5分位の診察で患者さんからは1割負担や3割負担で安いと思われていますが。私の取り分は5000円ほどある。5分でちょっと話するだけで。

良い商売なんです。笑いが止まらない。

なるべく治ってほしくない。。悪くなられても困る。重病になれば我がクリニックではどうしようもなく、大病院へ紹介するだけだから。治らなくてお薬を処方するだけで月に一度は来てくれる患者さん。こういう人が一番良い。

 隣の薬局からもお礼があるんだ。。これは内緒なんだけど。

 だから受付にも言っている。(優しい言葉をかけろ。。いいお客さんだから、ちゃんと優しくて評判のクリニックだと言われるように応対しろ)

影では(まるでボッタクリのキャバクラと同じだ)(笑)

● 病気なんか人間には自然治癒力があるので時間で治るんです。内科は特に。。昔から(病は気から)と言うでしょう!

● でも患者さんはありがたがってよく来てくれる。

 私は優しいですよ。たとえば この患者さんはほとんどアルコール依存症の患者にもきつく「お酒は止めなさい!」とは言わないようにしている。

きつく言ったら来なくなるから「少しはお酒減らしてくださいね」と言うんです。

私は内科だから、栄養あるもの食べて、運動もして前向きに生きればほとんどの病気は治るんです。薬のちからじゃないですよ。しかし薬は処方します。危なくない薬をを!商売だから売上に直結するから